無料ブログはココログ

北森ペット病院


« 犬にかまれるのは自分のせい? | トップページ | 免疫について② 風邪をひきやすい体質とは »

2018年4月 8日 (日)

免疫について①

北森ペット病院・北森です。当院ブログをご覧頂き、感謝いたします。


本日は、免疫についてお話です。その①です。


日頃、一般の方とお話をしていて、一番誤解が多い分野・・・・それは免疫分野だと思います。


免疫を上げる食事とか、免疫を上げると癌が治るとか、まあ嘘八百の情報が、ありとあらゆる所で飛びかっていますからね。


専門家が読むような医学書で、免疫を上げる方法なんて項目は、まずありませんし(逆に下げる方法は多々ありますが)、単一の食品で免疫が上がるなんて書かれている箇所は皆無です。


何故かと言うと、免疫・・・・正確に言うと免疫反応・・・・・は、体内では、常に活性と抑制のバランスでなりたっているからです。

免疫反応は、活性化すると、なるべく早めに抑制がかかるようなシステムになっているのです。


そのバランスが崩れ、つまり免疫が活性化ばかりしていると起こる疾患が、


肝炎ウイルス感染の時に発症する劇症肝炎
インフルエンザ脳症
・細菌感染・外傷・手術時に起こる免疫反応の暴走SIRS(全身性炎症反応症候群)


で、致死的な疾患です。これらは、ウイルスや細菌や外傷刺激に対する過度な免疫反応の結果起こります。治療は、ステロイドによる免疫抑制、治療のタイミングを誤れば死亡します。


それ以外にも、自己免疫性疾患は、自身に対する免疫が強すぎて起こる疾患ですし、アレルギー疾患は、外部からの物質に対する免疫過剰です。


つまり、免疫は、反応の強度を上げると言うよりは、適度なバランスが重要で、上げすぎると上述の様な色々な怖い疾患が起こるのです。


有名な実験があります。


マウスの免疫抑制システムをつぶす・・・・つまり常に免疫を活性化させる・・・・という実験がありますが、その結果どうなるかと言うと、マウスには自己免疫性疾患が発症します。


●●食べると、免疫が上げる・・・・・・まあ、あんまりコマーシャルに踊らされないように、しましょうね。


次回は、免疫に関する②で、病気(感染症)になりやすい個体と、なりにくい個体の差について書きます(ようするに風邪をひきやすい人とひきにくい人の差ですね)。



北森ペット病院(千葉県茂原市)
http://kitamori.in.coocan.jp/

« 犬にかまれるのは自分のせい? | トップページ | 免疫について② 風邪をひきやすい体質とは »

癌・免疫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。