無料ブログはココログ

北森ペット病院


« プラセボ効果とホーソン効果 | トップページ | 将来の夢は、できる限り具体的ではないものを »

2019年7月 6日 (土)

どうなる、グレインフリー(穀物不要フード)

北森ペット病院・北森です。当院ブログをご覧頂き、感謝いたします。



ここ数年ブームの、穀物不要フード(グレインフリーフード)ですが、昨年来、なかなかやばいのでは?という話は聞いていましたが、FDAも警告をしつつ、調査継続のようですね。



https://www.afpbb.com/articles/-/3233477



フードの世界は、昔から、我々プロからみたらジョークのようなメーカーのフードを崇拝する原理主義者が数%は必ずいます。ただ、グレインフリーに関しては、単一のメーカーの問題ではなくて、ある種のフードを作るにあたっての志向なので、注視はしていました。



未だ結論は待ちこしですが、無理にグレインフリーにする必要はないですね。




ちなみにFDAとは、世界に冠たる米国の食品衛生局で、日本の厚生(労働)省に医師会と日本学術会議と中央薬事審議会と理研と・・・・・全て足して×100ぐらいのすごい機関です(意味不明かな)。




FDAの存在もすごいですが、ペットフードをFDAが注視する事も、やはり何でも本気の米国ですね。




ここでコラム書いてます
https://wannya365.jp/writer/detail/11


北森ペット病院(千葉県茂原市)
https://www.kitamori-ac.com/


« プラセボ効果とホーソン効果 | トップページ | 将来の夢は、できる限り具体的ではないものを »

獣医療・疾患」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プラセボ効果とホーソン効果 | トップページ | 将来の夢は、できる限り具体的ではないものを »