無料ブログはココログ

北森ペット病院


« タイムマシーン | トップページ | 技術の進歩はすごいですね »

2019年9月25日 (水)

クールで、セクシー

小泉さんの発言、面白かったですね。



さて、創薬は、いつもクールでセクシーという話。


貧血にきく新薬誕生までの美しいストーリーです。



腎臓病になると貧血が進みます。貧血とは、体の中で、酸素を運ぶ赤血球が減ることです。


貧血は辛いですよね。だるいし、頭痛くなるし・・・・・。


貧血を改善するには、赤血球を作るEPO製剤という注射を打ちます。EPOは元々からだの中にあり、赤血球を作る物質です。



でも、注射って、めんどくさいですよね。



痛いし、病院へ行かなきゃ行けないし・・・・。インシュリンもそうですが、元々からだの中にある多くの作用物質は、口から飲むと分解されます。だから注射なんですね。知ってました?



ところで、アンデス地域の高地に住む人々は、普通の人々より、少々赤血球が多いのです。それは、高地の低酸素状態に耐えるために、酸素を運ぶ赤血球を作る作用が強いのです。



HIF(ヒフと発音)という物質が細部内にあります。HIFは、上記のEPOを作る速度を上げる物質ですが、通常は、HIF-PHをいう物質ですぐに壊れます。それは、HIFが常にあると、EPOが作られすぎて、赤血球が増えすぎるからです。



さて、ここからが面白いのですが、アンデスの高地の人々の体の中では、このHIF-PHの力が弱いことが分かりました。


つまり、アンデスのような酸素の少ない地域の方は、HIF-PHの力を弱くして、HIFの力を上げて、EPOの産生能を上昇させ、赤血球を沢山作って、低酸素に耐えているんですね~。


じゃ、HIF-PHを弱くする薬を作れば、貧血に効くじゃん!


って・・・・・・製薬会社は考えました。




そして、薬になったのが、


エベレンゾ(ロキサデュスタット、アステラス製薬)

https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67935



口から飲める、画期的な貧血を改善する新薬ですね(9/20 on sale)




アンデスの話から、腎臓病の貧血治療へ・・・・・なんてクールなんでしょう! 物質が、細胞に作用して、体の機能を変化させる、セクシーですよね。



創薬は、いつだって、クールで、セクシーです。


111


当院youtube (世界に発信しています。全て飼主の同意は得ています。世界初の動画も有?140動画あって、ジャンプが遅いっす)
https://www.youtube.com/channel/UC9qDMRC15D_O2tdFiUbnr2A


ここでコラム書いてます
https://wannya365.jp/writer/detail/11


北森ペット病院(千葉県茂原市)
https://www.kitamori-ac.com/

« タイムマシーン | トップページ | 技術の進歩はすごいですね »

医療情報」カテゴリの記事