無料ブログはココログ

北森ペット病院


« 体内のフィラリアの撮影に成功 | トップページ | 幸せを感じる・・・・とき »

2021年6月27日 (日)

COVID-19 ファクターX

ファクターXは本当にあるのか、私は懐疑的です。


所詮、セックスレスと、デブが少ないのと、ハグがない文化所以だと思いますが、


なんとこの度、


ノーべリストが主催する速報誌に、


アジア地区のCOVID-19に対する、(欧米人と比較しての)、感染数、死亡数の異常な低さに関することと、結核罹患率の逆相関のデータが報告されました。


論文

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0253169

1_20210627115301
国別の、100万人あたりの、縦軸はCOVのID-19死亡者、横軸は結核発症者

アメリカは黄、日本は赤、インドは青


1_20210627115301
国別の、100万人あたりの、縦軸はCOVID-19感染者、横軸は結核発症者

アメリカは黄、日本は赤、インドは青


見事に、どちらも負の相関が出ていて、


結核や、BCG接種が、訓練免疫になって、COVID-19に対して功を奏する可能性が出てきましたね。


結構衝撃だったのは、インドのデータ。


インドは、2つの表共に、右下にあります。


つまり、あんなにTVで、インドの状況はひどいと報告されていますが、少なくともこの論文執筆時には、日本以上の安全さがあったということですね。



人々がよく間違える2つのことを言っておきます。


①  相関関係と因果関係の違い

あくまで、これはまだ相関関係です。因果関係は、まだ不明です。金持ちは子供より年寄りに多いですが、年を取ると金が溜まるわけではないので、それは相関関係で、因果関係ではありません。


② 発信しんされる医療情報の信頼度

ある方は発信する医療情報の信頼度についてです。フェイクの時代ですから、医者だって、獣医師だって、まあ、嘘をつかまされることがあります。ある方の発する情報が、少なくともその時点で、ソースが比較的正確かどうかは、簡単にわかります。情報発信者が、如何により高度な情報にアクセスできる能力があるかどうかで確認します。


10分以内程度のうちに、有名な医学ノーべリストの論文を、簡単に引けるか・・・それだけどOKです。


簡単でしょう?


そういえば、

今更ですが、通いの音楽スクールで、マスク無しを指摘されました(笑)。普段は、外では、マスクしませんからね。

はい、功利主義者ですから、

言ってくれれば、


体制に従いますよ。


ちなみに、COVID-19の予防は、ソーシャルディスタンス(2m以上離れて)と、無言です。感染は、暴露量に依存します。ウイルス量は10乗の数で計算されます。マスクは、手段であって目的ではありません。間違いないように。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

« 体内のフィラリアの撮影に成功 | トップページ | 幸せを感じる・・・・とき »

医療情報」カテゴリの記事