無料ブログはココログ

北森ペット病院


« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月27日 (月)

今年ももう少しで終わりですね③

今年の総括シリーズのその③、最後です。


今年の感動した本です。



① 吉本隆明1968(鹿島茂)

戦後最大の思想家・吉本先生の解説本です。ミチロウを見出した吉本先生ですが、私はミチロウを知って後、ミチロウと対談したことで吉本先生を知り、その後、先生を介して思想・哲学にはまり込んだ青年時代でした。高校時代に読んで、まったくわからなかった吉本先生の転向論、高村光太郎論ですが、40年ぶりに、この本でようやく、そのエッセンスは、感じとれました。同本には、30代以降読みあさっている内田先生の話も出てきて、あああ私は、高校時代から案外一貫しているんだなと笑いました。


② 平成史(與那覇潤)

前にも紹介した本ですね。平成の政治、文化、社会史をひもとく名著。政治史を語りながら、宇多田ヒカルが登場するところなんて、最高ですね。宇野さんといい、この世代の評論化には天才が多いですね。はるか上の世代には、廣松先生、丸山先生、吉本先生がいらして、少し上の世代が浅田先生・・・・・そして私達の世代が、ぽっかりぬけて、與那覇さんとか、宇野さんとか、東さんとかの天才世代になるんだよね。20年遅く生まれて来たかったな~。



③ 様々な歴史本

歴史好きの私ですが、特に私は『こと』の歴史が好きなんです。


・江戸のちょんまげ
(ちょんまげの歴史)

・耳鼻削ぎの日本史

・全国アホバカ分布考
(アホとバカの言葉の歴史です)

・全国マン・チン分布考
(わかりますよね・・笑い)

などが面白かったですね。



呪術・宗教の時代から、武力の時代になって、国民国家の時代になって、現在のパワーの源は『知』です。分かりやすく言えば、『知』が集積する場所、人、モノに権力、財力、文化が集中するということですね。


というわけで、

皆さんも、がんばって、知を集積していきましょうね。



今日、息子が、


『おとうさん、どうやってプラスチックは作られるの』

と、聞いてきました。


『魚のヨダレから作るんだよ』

と、答えておきました。


馬鹿は、騙されないと、分からないからね


知なんてものは、自分で獲得するもので、誰も教えてくれません・・・・それが私の50年の結論ですね。

2021年12月21日 (火)

は~、こんなんじゃだめだ②

は~、こんなんじゃだめだ・・・のパート2


大体、我々が駄目だから、飼い主に、獣医学が、なめられるんだよね・・・。


2日続けて、手術がキャンセル。


来院予定時間に遅刻、手術直前に間違って御飯上げた・・・・


って。

は~

でもこれ、

ぜーーーーーーんぶ、獣医側のせいだね


結局、皆、去勢避妊手術を、イージーな手術と、なめてるからね。



我々獣医師側が、

もっと格安でできる~とか、簡単な手術とばかりに、イメージを拡散させているせいだよね。



どれほど、術前の検査が大変で、

どれほど、術前、術後の管理に神経を使うか


そんなイメージなんて、去勢・避妊手術にありますか?


ないでしょ!!!!



人間の場合は、まさか全身麻酔の手術で、当日、来院なんてないのね・・・・でも動物病院業界は、少しでも価格を下げたいし、ペットのストレスを軽減したいから、手術前のことは飼い主に任せるんだよね。


それが仇になって、


加えて、


イージーな手術のイメージ・・・・



まあ、自分を落とそう落とそうとする馬鹿な獣医業界と、


それを真に受けてなめてる飼い主との共犯関係で、


こんなことになる。


胃が痛いよ、、、、、

 

まったく

は~、こんなんじゃだめだ

医学会のアカデミズムに触れると、

ほんと獣医学って、

高校生の夏休みの自由研究レベルなんだよね。


昔よりも獣医学が高度に見えるにしても、多分に、それは、獣医学の進歩というよりは、医療機器の発達によるだけだからね。



多くの獣医師は、地方の中産階級から、知識を得て、階級を抜け出し、知的に上昇してインテリになるんだけども、


俺って庶民よりも賢い!

って思ってるだけの肥大した自意識のみで、そこからが、知的に駄目なんだよね。



明治のインテリ夏目漱石は、

欧米に留学して、挫折してかえってくるんだけども、そこからの仕事、すごいよね。



やっぱり、自分より、壮大なもの触れて挫折しなきゃ、ね



獣医師・・・・海外に留学する意味はまったくなくて、医学書をちゃんと読めば、一瞬で挫折するんだけどね。



ああ、こんなんじゃ駄目だ、駄目だ、駄目だ・・・・・それがインテリだもの






2021年12月20日 (月)

今年ももう少しで終わりですね②

今年を振り返る・・・


今回は、音楽関係・・・・(仕事と、音楽と、本しか興味がないんです・・・笑)


今年は、


① Nickey さん

② スターリン

③ ブルックナー


の順で、楽しみました。


Punk、Punk、Classic(笑)


特にNickeyさんは、新譜の録音に立ち会わせて頂いたり、新譜のコーラスを少しさせてもらったり、夢のような時間を共有させて頂き、仕事へのモチベーションもかなり上がりました。


私は、スピリチュアルや宗教は嫌いだけど、


人間のもつ呪術的な力は、侮れないと信じています。特に、ある種の女性には、男性にはない、そんな魅力があって、卑弥呼や出雲のお国は、そのハイパワー版で、アイドルも現代版のそれだと思っています。



資本主義は、

私的な空間を世界に拡大させました。


私的な空間では、皆が皆にとっての狼なんだよね。


息苦しくなるね。



音楽はアートの中でも、個人に独占されないもので

ライブやコンサートでは、

そのアートを介して、他者を受け入れ、皆で開かれた公共(の空間)を作る


私的な空間を、

ほんの一瞬出るんだね・


都市生活には、

そんな空間の司祭が必要で、私にとっては、それがNickeyさん。



皆さんも、色んな司祭をみつけるといいよ~。


2021年12月17日 (金)

今年ももう少しで終わりですね①

今年ももう少しで終わりですね。


少しずつ色々

振り返ります。


まず、

今日は、仕事関係!!!!!!!


今年は、

長年の夢であった、海外の医療ベンチャーの機器を、国内に輸入して販売することに、成功しました。



でも・・・・


これが唯一の成功体験で、あとは、ぼろぼろでした。


コロナがなければ、

アジアから獣医師を受け入れて・・・・・という計画もあったのですが、こんなんじゃ、頓挫するわね~



アカデミアの仕事も、

キーパーソンが、家庭の事情でリタイアして、現在、継続不能。ほんと、獣医のアカデミアってどうしようもないから、一人欠けると、まともな代わりの人がいないんだよね・・・・・・


というわけで、


周りからみると、

順風満帆に見える?でしょうが


散々な、1年でしたよおおおお。


でも、

私、

生来、失敗がデフォルトなんですよね~


皆さんは知らないであろう受験戦争・・・・の負け組み・・・・ルーザーだから、さ


だから、

失敗しても、だまされても、はい、気にしません!


(子供の時の失敗体験は、大人になって、絶対に生きますよおおおおおお)


来年は、


●(まだ獣医療では導入されていない)新規の大型機械の購入話


● アジアからの某医療機器の輸入のお手伝い


● アジアから米国に目を向けたお仕事


の計画などなどがあります。



3つとも、他力本願、お誘いあっての計画です。


でもさ、


天職って、英語で、コーリングって言うんだよね。


ねえねえ、一緒に仕事しないって呼ばれて(誘われて)、それを楽しく確実にこなす・・・それが天職なんだよね。


だから、呼ばれなくなったら終わり。



臨床の仕事も、同じでね・・・・、


決してこちら側から誘うのではなく、重荷を背負っている人々側から、肩の荷を降ろすの手伝ってって、誘われるわけだからさ・・・・・コーリングされなくなったら終わり。


だから、辞め時も、分かりやすいやね。


来年も、臨床医として、がんばります!



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 



2021年12月12日 (日)

コロナは何を・・・

ペストの流行は、

西欧においては、

社会に対する教会支配から、市民社会への萌芽となりましたが、



コロナ(後)は、

世界史的な画期となるなにかをもたらすのでしょうか・・・


グローバリズム、都市中心社会、環境破壊、食文化・・・・様々なシーンでの反省やゲームチェンジが起こるのでしょうか?


まあ、そんな、


世界史的なことは当然予測はつかないけど、


今回のことで、


本当に、お国柄が、わかりましたね。


民主主義を愛する欧州での、ロックダウンと、生命に対するドライな態度


貴族がいない世界初の官僚国家中国の徹底さ


自由の国アメリカでの反知性主義の横行


日本は・・・・・・



いいことだよね、

多様性と、ニッチが多い方が、種は生き残りますから


パンデミックはまだ終わらないとおもうけど、

統一感のない世界の対応こそ、希望だね。


ちなみに、ペスト禍を生き残った人間は、大多数と違うことをした人間なんだよね。


ヒトの居ないところに逃げ

家に閉じこもり

山に隠れ


・・・・・・・


ニッチは、商売にもそうだけど、生存にも大切なんだよね

2021年12月11日 (土)

終わりの始まり

前澤さん、すごいですね。

私は、賢くはありませんが、高いところが苦手で、タダでも、宇宙なんて行きません。


さて、


物理学が教えるところでは、

何十億年か後に

太陽は膨張して、地球は高熱になり、住めなくなります。


NASAが、地球の外側の軌道にある火星探査を実践し、火星移住計画を研究するのも、

そういう理由からです。


地球からのエクソダスですね。


しかし


更にその後何十億年か後には、さらに太陽は膨張して、火星にも住めなくなり、太陽系は消滅します。


は~

宇宙に民間人がいけるようになったというのは、


そういう


終わりの始まり


ということですね


2021年12月 7日 (火)

パクス・フェイクの時代に

ポスト・トゥルースの次は、パクス・フェイク。

どこもかしこも、

非知性主義者の跋扈。


勘違いが多いけど、

非知性主義者は、必ず、知性主義から生まれるんだよね。


無垢な知に対する情熱が、


前近代の理論や、受けいれられていない概念や、オカルトに捕らわれ、反知性主義に陥るんだよね、

知のダースベーダー


よく例に出すけど、

生き方を模索し、哲学を志し、(でも挫折し)、街角で、色紙に一言書き始めるパターンだね。



なにせ

反知性主義者は

情熱だけはある元知性主義者だから


弁舌さわやか

理路騒然


(逆のパターン・・・・、言葉優しいフワットした感じのおバカさんパターンもいるけどね)



我が業界も、ご多分にもれず・・・だけどね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな反知性主義者に惑わされない方法ですが、


反知性主義者の作法は


万能主義と、絶対主義と、神秘主義

です。


我が業界でいえば


『●●は、××で治る』
というような、単純なストックフレーズの連呼


『私だけが正しい』というような、
プロではなく素人に向けた、アジテーション


『●●理論は、私以外は気が付いていない』というよな、
オカルト思考


これは昔からあるけど、意味のない自然派思考



これを、

臨床の現場に当てはめると


全ての病気は、食事が原因だった・・・とか、

オンラインサロンのようなものを作って囲い込みの活動をする・・・とか


免疫力を上げる●●法(●●は自身の名前が入ることが多い)・・・・とか


明らかに寿命の短い国の民間療法や草に凝る・・・とか


になります。



常識的に考えると、

画期的な治療法は、学会でプロに対して問うのが王道。


その辺に

魔法は(笑)

転がってません。



私の見るところ、

獣医業界における反知性主義者は、


学歴のヒエラルキーの下にいる同業者、

能力的に知にたどり着けないパラ獣医学の関係者、

知へのあこがれがあるけど上昇できない同業者




多いね。


みなさん、騙されないようにね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に、

手相占いと、皮膚科診断の違いってわかる?

もちろん、皮膚科診断はサイエンスだけど、手相占いも統計学って言い張るよね。


違いはね、

反証可能性なの。


反知性主義者には、反証可能性がないのが、案外、簡単な見極めかもね。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年12月 6日 (月)

音楽

お前のものと俺のもの、

俺の場所とお前の場所


都市って、

日夜・・・・パーソナルスペースの取り合いをする場所なんだよね。


故に


田舎と違い

都市では、

パブリックな空間が、日々、狭くなっていくんだね。



さて

アートがあるところには、

他人を警戒せずに、他人を気にせずに、息がつけるパブリックな場所がある



アートのなかでも

音楽は特殊で、

なんたって、簡単に、自分のものになるし・・・他人に独占されないんだな。



あらゆるものが私有化されていく都市で、

(私なんか息苦しくなるけど)



音楽は、

ライブやコンサートを介して、


他者を受け入れる、開かれた公共の場所を作る。



都市生活者には、音楽・・・ライブって、絶対に必要だね。


ちなみに、


先だっての

ドイツのメルケル首相の退任式に流れた曲は


ドイツのパンクロッカー

ニナ・ハーゲン


だったね。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年12月 3日 (金)

壮大な話と・・・・・

『異邦人』のカミュは、

ナチに対抗するフランス・レジスタンスの闘士だったのね。


当時、フランス政府は、ヒトラーとべったりだったけど、


ナチの敗北が濃厚になった時に


ナチの協力達だったフランス人有力者が、なだれをうってカミュに協力し始めるのね・・・・(あああ、人間だね)・・・・その後の歴史は、知ってのとうりだけど、戦後、カミュは、そんな戦時中にナチに協力した人間に関しては、


まったく、口をつぐんだのね。


告発しなかったカミュのその態度は、ある意味、大人の態度だけど、


もう少し子供の態度をとっていたら、


フランス人(の一部)が行った残虐行為も、ここまで歴史に埋もれなかった・・・・という言い方もできる。


と、ある思想家が書いていていました。


でもさ、

なかなか、

インサイダーが、インサイドのネガティブことを、社会に告発するのって難しいよね。


人間関係を維持する為には、大人じゃないといけないしさ。


自分が

さも特別で偉そうに見えても


嫌だしさ・・・・


と、

ここまでは壮大な話。


・・・・・・・・・・・


ここからは、

少し子供になって、

当院のHPの紹介です。



茂原にも、安価で去勢避妊手術をする専門病院ができて、


その価格差について、

よく聞かれるのね、


理由はこのページの前半にあります。

https://www.kitamori-ac.com/anesthesia


私が特に特別ではなく、理由を、ドライに表にしました。


この件に関しては、


説明するのがめんどくさいので、

後は、皆さんで、見てくださいな。


繰り返しますが、


私の手術の技術論ではなく、状況論ですからね。


みんな戦地にいるんだから


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2



2021年12月 2日 (木)

多分、世界初・・・かな

当院は、仕事用のYoutubeチャネルを2つ持っています。


そのうちのひとつのチャネル登録数が、190人!


100人の登録までに

2年かかったけど、


100人から190人まで1ヶ月!!!!!

面白いですね~。


Youtubeって、

規制がない分、TVより、エロで、グロで、デマゴーグが多い。

でも、

時間制限がない分、思想家・哲学者の口演などがノーカットで楽しめる・・・・・音楽もあるし・・・、相対的には、TVよりは、ましだね。

 

さて、

私のチャネルは、

超短い獣医医療関連動画を流してます。


プロが視ないと多分意味は分からないので、

普通の方には、

感動がまったくない無いチャネルです。


その感動が無いチャンルで、

多分、

世界初と個人的には思っている動画を本日UPしました。


犬の尿管結石の3D/4D超音波動画です。



4mmの石が尿管に挟まってます。


世界初に同意してくれるあなたには、感動的でしょ?

 

さて、この子、

恐ろしいことに、無症状。

ドック(健診)で、見つかりました。



予想できなかったことをみつける・・・・・まさに専門職の醍醐味で、この感動があるから、まだ先にいけるんだよね。飼い主と、ペットには、変な言い方だけど、こんな時、感謝しかないんだよね。その感謝を返す為に、治療があるんだけど。



当院で、手術です。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »