無料ブログはココログ

北森ペット病院


独り言

2021年10月 4日 (月)

今年もOK

ノーベル医学生理学賞が発表されました。


毎年、その内容を聞いて理解できるかどうかを、自身の仕事のレベル維持のメルクマールにしています。



オカルト療法がバッコする業界。


宇宙旅行に繋がらない力学がないように、


そこに繋がっているかどうかが、オカルト療法との違いなんだよね~。



今年もOK!


まだまだまだまだ現役でがんばります


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

2021年9月25日 (土)

理想の●●なんて、ね

理想の病院とか

理想の獣医師とか

理想の●●とか


とかく、ヒトは理想を追おうとするけど、


やはり、ないんだよね、理想は・・・。


インテリは、

人間の外に、理想をイメージするけど(物理の理想気体のように)



生活者にとっては、

自身は世界との関係性の中にあるから、

理想なんて、

所詮、幻想なんだよね。



(ちなみに、インテリという言葉は、私の上の世代では馬鹿にする言葉で、私の下の世代にとっては尊敬の意味がありますが、私は、前者の意味で使ってます。)


と、


いつもインタビューで、


『理想の病院、獣医師』について聞かれる度に、こう答えて、

ボツになります。



2021年9月13日 (月)

読書の季節

読書が好きで、蔵書が3000冊くらいあります。

時間が十分とれる日は、


歴史物をまとめて数冊読みます。


歴史物といっても、

大衆や庶民の『こと』に関するものが大好きです。



多分、自身の中に流れる重層低音・・・・エートスを発見できるからだと思います。


最近面白かったのは、これ

耳そぎ、鼻そぎの日本史です。


なかなか面白い本です。

Dsc_0389-1


そういえば、映画・仁義無き戦いでも、鼻をそぐシーンがありましたね。


読書の秋ですね。


人生は、言葉のゲームですから・・・・いわゆる勝ち組には、言葉が高度な職種が多いでしょ!・・・・沢山、良書、奇書、悪書を読んで、人生の武器を増やしましょうね。


読書は、

幸せとはまったく関係ないですが、

豊かさには繋がりますよ。


豊かさとは、どーせ死んでしまう人生のうちで、他人にあまり干渉されず、ある程度充実して暇をつぶせる能力のことですね。


それは、

こういうコロナ禍で、発揮される能力です。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年9月12日 (日)

昔ならば、定年

『オレ、才能が無いな・・・』ってあきらめられるのが、まさに真の才能の無さ。

石にかじりついても、誰がなんと言おうと、

止められない奴が、


才能に関係なく

いつか天職に出会うわけ、ね。


でも、たとえ出会っても、


その後、多くが、2流以下で、終わる。


ただ、2流以下でも、世間の評価が高いときもあるから面白い。逆に、真に才能があって、1流になっても、世間からは、評価されないことがあるから、社会は残酷。

 

でも多分


あまり才能が無いけど、がんばりきって、(2流だけど)世間からの思わぬ評価に、少しムズムズする奴が、


ふつふつと自身に芽生えるあらゆる差別感情や、

他者からのプレッシャーに

対峙できる性格をもち、


それなりに、社会貢献が出来るのだと思う。


あらゆる、専門家、職人、芸術家・・・・に言えることだと思うね。


と、


そんな境地の54歳。

昔ならば、

来年、定年でっせ!


いまさら

わはははは

2021年9月 8日 (水)

怖い・・

(今は、初診はとってないけど)


初診の患者さんがいらして、

獣医師も人間だから、当然、顧客と合う合わないがあって、どんな名医だって、2度と受診されないことがある。


肌感覚としては、

治療に成功しても、8割くらいかな・・・・かかりつけにしてくれるの。


でもそうやって、

20年も30年もやってると、

自分に合った顧客ばかりが、残っていくんだよね。


そして

そんな人ばかりに囲まれて、


『先生、先生』っていわれて


うぬぼれていくのが、本当に怖いね。


でもその怖さは、


如何に生きるべきかが、大問題だった青年期がすぎて・・・・・もうほとんど生きてしまったという悲しい気持ちと、妙にシンクロする。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

2021年9月 7日 (火)

次の患者がまっているから

医師の世界では知らないヒトはいない、中井久夫先生。

精神科の医師です。


いくら有能な医師でも、力、及ばないことがあると思います。



中井先生にも

自身の患者さんが自殺されたケースが、十数例あるそうです(2007年談)。



獣医師の世界は、ゆりかごから墓場までじゃないけど、必ず『死』で終わる世界です。


でも、当然ながら


死で終わることがわかっていても、予想が出来なかった死・・・・原因はわかっているが経過がよめなかったケース、原因自体が不明だったケース・・・・は、


本当に、こたえます。



中井先生は、


患者さんに自殺された医師に、


『次の患者がまっているから立ち直れる。でも最低40日はこたるよ』


と、伝えるそうです。



私も、この先生の言葉に支えられている一人です。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

2021年9月 5日 (日)

CT/MRI

今年は、CT/MRIのオーダーが異常に多い。



昨年は、

年のトータルが6件だったが、


今年は、

すでに20件。


CT/MRI検査は、

頭部(頭の中)・脊髄(神経)・胸部(肺野)検査や、ガンの浸潤、転移の検査・・・・など、血液検査やエコー検査ではわからない分野に力を発揮する。



つまり、

この20件は、当院では、どうしようもなかったってことだね。



さて、CT/MRIだけど、

実は、機器の種類によっては、性能が、天と地ほどの差がある。



なので、


私たちジェネラリストは、

紹介先の病院の機器の種類も選別して、紹介しなくてはいけない。



一般的に言うと、

CT/MRIをセットで設置している病院は、それらのスペックが非常に高く、人間の大学病院並みで、診察精度も高い。



そんな病院は、

億単位で機器にお金がかかるわけで、


(この前、当院にも、1億のMRIの商談が来たぞ)


紹介先の先生には、頭が下がる。



土地があれば、ハイスペックなCT買って(億はしません)、研究に使いたいけど(診療には使いません)、幸いなことに(嫁談)、土地がない。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

2021年8月28日 (土)

チャーリー逝く

ストーンズのチャーリーが逝きました。


ストーンズ・・・


洋楽は、

ビートルズから、ドアーズを経て、パンクに行った私なので、ストーンズを系統的には聴きませんでしたが、


1曲だけ、

高校1年の時の思い出の曲があります。


それは、
ストリート・ファイティングマン


ミチロウの訳で、その曲の1フレーズを

・・・・・

俺の名は、騒動

俺は、叫んで、どなって、王を殺す

・・・・・・


あの曲と、あのミチロウの訳

に出会ってから、


この『王』の部分を色んなものに置き換えて生きてきたな~。



私の周りの暗~い日本じゃ、

ストリートでファイティングする場所も、機会も、ほぼほぼ無かったけど、



組織の中で、

ファイティングする意味と機会は、いまだってある(そういえば、TVドラマなんてそんな話ばっかだね)



自分の行動で、『  』が殺せると信じた時点で、政治的・・・・・・


高校生の私を、政治的にした最初の歌だったね。




チャーリー、おつかれさん!


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年8月27日 (金)

おもしろい

昔、薬嫌いの飼い主がいて、

どうしても、

薬を使ってくれない・・・・フィライアの薬も、ね(笑)


なんで、薬が嫌いなのか?
聞いたら、


自然由来じゃないから
って言う。


いや~驚いた。


じゃ、何由来だと思うの?
って聞いたら、


石油から作るんでしょ!
って言う。


馬鹿ですね~・・石油も自然由来ですけどね・・・

・・・・って、言ったら、

数秒おいて、半泣きでしたね。



例えば、自動車(の構成部品)の鉄だって、自然由来で、ヒトは体に鉄を取らないと死ぬしね。


物質は、全て自然由来です。


無から有は作れません。


海外は、こういう無知に、宗教がからむから、さらにややこしい人間が多いんだろうね。


無知も、単純な無知の人間が主体の日本の獣医でよかった。


2021年8月23日 (月)

涙、あふれて

冥府魔道を生きる運命になった

拝一刀は、

息子・大五郎に、

鞠と、刀を見せるんですね


そして、刀を選んだ息子と旅にでるわけですが

(鞠を選んだら殺すつもりだったんですね)

 

・・・・・・・・・・


わが息子君が、

最近

歴史上のある人物に興味を持って、私に色々聞いてきた。


私は、子供の頃に、その人物を自分なりに研究していたので、40年くらい前の希少本がまだとってあって・・・・・・、その本を見せると、息子君、相当驚いていた。

 



曲は、1966年のストーンズの名曲(初出は、マリアン・フェイスフルへの提供で1964年)

As tears go by


私がやってきたことを

君は目新しいと思っている、

君を見ていると涙がでてくる


そんな歌(よく、こんな歌詞、20代で書けたよね)



・・・・・

息子君、

君も

冥府魔道だね



より以前の記事一覧