無料ブログはココログ

北森ペット病院


獣医療・動物病院

2020年12月 2日 (水)

ドーベルマンのDCM研究(go to see Dr. Kitamori Campaign, HAHA!)

本年8月から本格的に稼動させた、

国内のドーベルマンDCMの調査ですが、

11月末日で、

30症例を超えました。


実際の来院は東北、中部地方からもあり、

採血のみの参加は、西日本からもありまし

た。


飼い主さん、ワンちゃん、遠路はるばる、感謝です。


まだまだ、続きます!


皆さん、

まってまーーーーーーーす!


今回、受診時のイメージがわかない方のために、動画を

作りました。




政府のGO TO

に対抗して

GO TO SEE Dr.Kitamori

Campaing !

登録料(1頭 1650円)だけです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後にね、

皮肉を書きますね。


この調査の話を(間接的に)聞いた、高名な獣医師が、

『県を超えてくるなんて、暇だね~』なんて、言ったそう!


ウフ


私は、業界のダブルスタンダードが昔から大嫌いで、

その方も、ペットは家族とか、普段ぬかしていますが、


ねぇ、先生、家族ならば、県くらい超えますよ!



某大学の先生も、そんな千葉の田舎で、そんな機械

買っても無駄って言ってな~。


いやいや、千葉県とか、茂原市とか、Lineなんて、

幻想ですから。バカの壁ってやつね(笑)。


万国の、惰眠をむさぼる獣医師諸君!

お前の、中央線は、まっすぐか!!!


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2




2020年11月28日 (土)

フロンティアはいつだって目の前にある

とかく珍しい症例にであうと、心おどるのが

悲しい医療者のサガです。


でも、それ以上に、興奮するのが、

見えない日常の反応が可視化されたとき

ですね。


というか、それが

医療における検査の意味なのですが。




動画は、


膀胱へ、腎臓で作られた尿が、尿管を通って、まさに入っているとこです。


3Dで構成すると、膀胱にへばりついている尿管が映っています。


20年エコーを見ていますが、

初めてみました。


高校の時、作家・開高健のフロンティアを目指そう!という言葉に出会い、獣医学を志しました。


フロンティアとは、

わからない世界、

知らない世界

知らされていない世界


のことです。


20年もやってると、すべて知った気になって、


驚き

感動

興奮


をとかく忘れがちですが、

(認定医とって、だめになるパターンですね・・皮肉です)


まさに、動物が、あの頃の、フロンティアを思い出させてくれます。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2




2020年11月23日 (月)

新しいテクノロジー

最新式の心電計を購入しました。

人間用を、動物用に転用しています。


iPhoneとBluetoohでつないで、心電図をモニターしますが、

加えて

ホルターにもなります。

つまり、24時間の心電図が記録できます。


更に驚くべきことに、

データはクラウドに飛ぶので、

遠隔で、リアルタイムに、モニターできます。


つまり、飼い主が自宅で犬に装着して、病院で私がデータを見られます。






もともと、災害地域での患者さんのモニター用に開発されています。


技術は、簡単に、動物種の壁を越えます。


よく考えたら、自動運転技術が発達したら、犬だけで、車の移動できるもんね~。


将来は

自宅で不整脈が出た犬が、飼い主抜きで自動車で来院して、治療後、お会計は、Kashみたいに自宅から飼い主が携帯で送金・・・・なんてことにはならないだろうけど、


今の時代、


やる気になったら、

獣医療は、少なくとも検査に関しては(・・・治療は別だけど・・・・)、人並み・・・・いやそれ以上に、ディテールにこだわってできる。



当然、動物病院間で、検査技術に、すごい差がつくだろうね~。


もう、何をやっているかわからないほどにね(笑)。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

2020年11月19日 (木)

業界はいつも、ダブルスタンダード

は~

朝から、デスクに置かれた、

業界の、日本語の論文・総説を3報みて・・・・・・頭が痛くなる。


私は、

普段は、

獣医の日本語論文や、月刊誌や、学会誌の類は読みません。

情報の質が、あまりに低いから。


最新の医学情報は医科の日本語論文で、

獣医学の論文は英語で書かれたエビデンスが高いもの


を読みます。


でも、たまには、国内の獣医の論文を読まないと、

ミイラ取りがミイラになるから、

修行だと思って、

バカバカしいけど

眼を通すのだけれど・・・・。


今日の3報もひどかったね・・・・。



論文や総説には、最後に必ず参考文献をつけるのが、マナー。


でも、

相変わらずの、状況に、ほとほと嫌になる。


論文①
M獣医師
6Pの記事に、参考文献 1報
獣医大学の研究所に所属


論文②
I獣医師
6Pの記事に、参考文献 2報
皮膚科専門の動物病院・獣医師

総説③
E教授
3Pの記事に、参考文献 0報
獣医国立大の教授


ちなみに、今週読んでいる、われらがイワケン(感染症の権威で神戸大教授)監修の、医学雑誌に掲載された論文では


● N医師
11Pの記事に、参考文献 85報
大学病院の医師


● S先生
2Pの記事に、参考文献 7報
薬剤師


ね、いかに我が業界が異常か!!!!!!


わかるでしょう!


結局、エビデンスなんていってるけど、妄想の類を、読まされているのですね。

飼い主には、エビデンス主義、仲間内では、妄想・・・・・


こういうのを、ダブルスタンダードっていいますね。


医者では決して処方しないサプリを、大量に、治療薬のテイで、しかも高額で処方するのが我が業界!当たり前だよね、しょっちゅう妄想を論文だと思って読まされているからね。サプリか薬かも分からなくなってるんですよね・・・。


ちなみに、


先だって私が書いた日本語論文(総説)は、

8Pで、引用文献53報です。

メーカー・検査センターにも配布して、

少なからずの方に、引用文献の多さに驚かれましたが、


は? 

当たり前ですから!


過去に敬意を払えない人間の仕事って、いい加減なんだよ・・・ね。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2020年11月15日 (日)

不思議といえば

不思議といえば、

犬猫の異物の誤食。


彼らは、たとえば、人間が手のひらにおやつをのっけても、手も一緒に食べない。


手が大きいせいかと思って、

子供に(何も伝えず)実験台になってもらって、おやつを与えさせたが、

奴の手は無事だった。



ベロの上にのっけて、与えた事もあるけど、

ベロも無事だった。


大好きなカンズメを手に塗りたくっても、手は食べず、舐めるだけ・・・。



なのに、どうして、彼らは、


食えないものをくう!




謎だ!

 

 


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

 

2020年10月31日 (土)

世界初!3D最新エコーテクノロジー

昔、製薬会社に勤めていた時に、人の高血圧の薬の研究をし
ていました。


その時は、私たちのグループは、おそらく、世界〇番目・・・

つまり、一桁の最先端に位置していたと思います。


科学の世界では、なんとなく自分の位置がわかるものです。



というわけで、


超音波(エコー)検査においては、少なくとも動物の

臨床では、当院は世界で一桁だと自負しています。


心臓3D:LISENDO880(HITACHI)

腹部3D:LogiQE10E(GE)


の世界最強マシーンを2台駆使して、先端画像研究に励んでいます。



小型犬のエコーによる骨折の3D化

 

膣のポリーブの3D化

 


皮下のできものの3D化



虫かごと、虫眼鏡

探し物があるのでなく、

出会うものすべてをまっていた

見たいものと

見せたいものばかり



甲本ヒロトの『生きる』の歌詞です。


キャリアアップのドアには、ドアノブはついていない・・・・


毎日が研究、研究です。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2






2020年9月19日 (土)

新しい3Dエコー導入

新しいタイプの3Dエコーを導入しました。


現在ある3Dエコーに加え、今回の2台目・・・2台、3Dエコーがあるクリニックは、獣医療は当然のこと、医療も含め世界初ではないかと自負しています(どちらのメーカーの方・・・国内と海外のメーカーです・・・・も、笑っていました)。


お金がないので、国の補助金を使いました。


(すっからかんでーーーす。)

 

これは、皮膚からスキャンして、皮下の血管の分岐を見ています。

 

これは3Dモードではないですが、皮下の腫瘤の固さを可視化する最先端のモードです。人では肝硬変の程度を調べます。

 

やりたいことは、山のようにあります。


目に見えないものを、目に見えるように置き換えるのが、サイエンスです。ニュートンが、質量という概念を作ったようにね。医療は、物理学のようにまだまだそういう意味では厳密科学ではないですが、


画像系と、遺伝子で、


世界を別の視点からコードしていきたいですね。


 

 

 

 

2020年9月13日 (日)

なにが嫌いって、ローテクをやさしさで隠す奴

最近、若い往診専門の獣医が大流行ですね~。


昔の往診獣医は、予防注射を打って予防薬だけ処方するだけの、ローテク・ハイリターンの私は好きではないタイプの獣医師が多かったけど、

でもね、彼らは、当時は、それなりの意味があったのね。

だってさ、ガウガウの犬が多かったからね。

でも、今は、そんな犬ほぼいないからね・・・・。



今の流行の往診専門獣医は、

ただのローテク獣医だね。

病院を構えなので、不動産がかからない。AHT雇わないので、人件費がかからない。

とても安易に開業できる。

それは戦略だからいいけど、


びっくりなのは、

往診専門だから、検査はほどほどに、応急処置で、注射うって終わり・・・・みたいな言い訳ね・・・・。


いやいや


NASAが開発した当院にもある血液検査の機械は、片手で持てます。

エコーだって、ハンディタイプがあります。

心電計も、小さなポータブルのものがあります。

眼科器具は、獣医療のものは、そもそも持ち運べます。

耳科も、ハンディな検査器具が沢山あります。

顕微鏡も当然携帯できますね。

尿検査、血糖検査、血圧検査器も小さいな機械があります。



聴診器、体温計、血液検査、エコー、心電計、顕微鏡、眼科検査、耳鼻科検査・、尿検査、血圧検査・・・・・・・全て小型のものがあるので、軽自動車程度でも全部入ります(レントゲンだけですね、無理なのは・・・・・)。



病院をを建てると、数千万かかりますが、その分、十分な投資が機械にできます。


考え方によっては、

普通の病院にとっては、脅威だよ~。



往診だから、

詳しい検査が出来ない?

バカじゃないのと思いますね。


自宅に来てくれる優し~い顔の下に、やる気の無~いローテク獣医の顔が隠れていることが多くて困ります。


羊の皮をかぶったナマケモノですね。


今、私は、ボクサーや、ドーベルマンの心筋症を特定するために、自宅での心電図測定をなんとか浸透させようと思っています。


獣医ならばわかるだろうけど、心電図は、獣医師のもっとも苦手な分野の一つ!



どう、そこの往診獣医さん、

ちったー一緒に勉強して、

心電図やらない?


2020年8月24日 (月)

自由、自由、自由

仕事で千葉市に行ったのですが、

JR総武線、一瞬、女性専用車かと思ったよ。


8割が女性。

うち、高校生が20%、30歳くらいまでが50%、40歳くらいまでが10%、・・・・・・・・・(深い意図なし)・・・・・・・おばあちゃんが1人・・・・・どこに消えた男!


高校女史の2割が、文庫本読んでたね。
よかった、まだ、読書は若者の趣味の一部なんだね。


さて自由。

獣医は、さも自由なお仕事~と思われているかもしれないけど、


いやいや、

エビデンス(エビデンス based メディスン、EBM)主義ですから、自由に勝手に治療なんてできないわけで、案外自由度は低いです。自由にやってるのは、一部のオカルト療法の方だけですね。



自由の定義にもよるけど、

動物のため、飼い主ののため、お金のため、社会のため、愛護のため・・・・の、ため、ため、ためってうのは、自由ではないと思うね。



じゃ、我々の自由ってどこにあるんだろうと考えるとき、

研究・・・・


と、言うと思ったかもしれないけど、

研究じゃないんだね。

研究って、まったく自由じゃないからね。



さて、もういちど、

じゃ、我々の自由ってどこにあるんだろうと考えるとき、


どうやら、自分が間違っていた!!!!

と、気が付いたときの、

次の行動にこそ

自由があるんだと思うね。



一応サイエンスだから、さ

自分のやっていることは、どうやらおかしい?という認識は、認識したくなくても、勝手に脳が認識しちゃうんだよね。


それを、

そのまま押し通すか、

間違いを認めて行動するか、


その瞬間にこそ

人間の、真の自由があると思う。


効かない免疫療法・・・・やり続けて、意味のないことに気が付いていないわけは無い。エコーもないのに、心臓病を特定できるわけはない。膵炎なんてほとんど無いけど、膵炎にしてしまうと話が楽。明らかに前時代的な麻酔で手術をやる・・・・・・・


気が付いていなきゃ、バカだからね。


逆説的に

自由な人は、ゆえに、技術が上がるんだね。


技術の上げ方には、

自由はない。

ただ、

ただ、

おかしい?と思った、次の一手にだけ、自由があると思う。


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

2020年7月26日 (日)

CTだけじゃ、スノッブ

当院のボクサー犬のカルテは80頭!


でも、1年前まで、かかりつけのボクサーはゼロで、ね。

悲しかった・・・。


それがそれが、この1年で、いっきょに4頭!

苦節10年、ようやく、だね。

泣いていい?

ウォーーーン

ウォーーーン



でね、ボクサー犬のかかりつけ病院を調べると、なんと7~8割がCT持ちの病院!

なんとなく、わかるぞ! うちに来ないの(笑)


で、CTのお話。


獣医療においては、CTは、特に脳神経系の疾患の検査に非常に役立つ。その分野の疾患に関しては、CTが無いとお手上げ。CT適応の代表例は水頭症だけど、椎間板ヘルニアも診察できる(MRIのほうがいいけどね)。


つまり、CTないと、その分野は、お手上げ状態。あ、いや違うな・・・・これは、脳神経系の疾患の可能性が高い・・・・とまでは、お話は出来るかもしれないけど、その先はお手上げ。なので私は、そんな場合は、CTがある、私の2次紹介病院へ、検査を依頼するわけですね・・・・その後は、場合によっては当院で治療は可能で~す。


で、CTなんですが、


かっこいいんだよねCTって

・・・成功者の証! 

・・・やってる感の象徴!

・・・高度医療の冤罪符!

(もてないもののヒガミ)

どんどん買える方は、買って!(ただし、64列以上ね)。


ふふ、つまり

CT買うところまでは、金持ちのスノッブ感満載なんだよね。

でもいいの、

入り口はね!


それでね、

真面目に脳神経の仕事していると、ある時、絶対にMRIが必要って気がつくの。


ここが、獣医療において、

金持ち父さんスノッブから、本気の獣医療へのTake OFFなんだよね・・・・。


無理だから、CTだけじゃ。その分野!


時計好きが、

ロレックス・デイトナをボーナスでようやく買って喜ぶのは入り口で、それも大切・・・でも、そっからエルプリメロいって(いかなくてもいいけど)、バブルバックへ行くわけね。職人の技が好きならね。パテックも、96のブレゲ文字とドーフィンハンドの時代じゃないとクソだとか分かるわけ。工業製品と職人のハンドメイドの違いが、スノッブから入っても、本気だったらわかるようになるのね。



CTまでは、金があれば買える。

でも、

MRIまで、いかなきゃ~。


そこで、CTを宣伝に使うだけの看板倒れの高度医療センターか、より高度を目指しているかが、


わかるんだよね~


心意気と、本質への欲望の程度がね。


だから、獣医療的には、


CTが無い、脳神経系を評価できない病院

CTはあって脳神経系の評価はできるけど、片手落ちの病院

CTとMRIをそろえて、脳神経系を真面目に評価できる病院


ってことね。


でも、

CTはかっこいい!

なにせ獣医療におけるスノッブの象徴だからね!


つまりは、2次病院の見分け方って、そこね!

CTをもった段階で、2次病院同士の評価にさらされるわけだね。



より以前の記事一覧