無料ブログはココログ

北森ペット病院


獣医療・動物病院

2021年6月25日 (金)

体内のフィラリアの撮影に成功

ま、どうでもいいことですが、

犬の心臓の血管に寄生するフィラリアの撮影に(おそらく世界初?・・・・ダレもやらないからね・・・・笑)に成功しました。

 

細かく言うと、

犬の肺動脈という血管に寄生しているフィラリア成虫(幅 2mmくらい)の3D心臓エコーです。


10年後、機械の精度は、どうなるんだろうか?

楽しみがつきません。


2021年6月 4日 (金)

木曜日の、るーてぃーん

月初め、もしくは2番目の休診日の木曜日は


必ずオレ様

美容室、歯医者、主治医(2人いるうちの一人)、ドラム教室がルーティーン・・・・。



私の診療の20%は無料なのですが(研究対象ね)・・・・・・・・・今は心臓、遺伝病・・・・(15年前は抗体価、年間150例は測ってたね)



3年に1回くらい

知らん奴から(敵国のスパイかな?・・うそ~!!!)


電話で、

『なんで無料なんですか!』

って、聞いてくる奴がいる。



その答えですが・・・多分ね・・・・・、


そのルーティーンのおかげなんですね。


それらは、全て、高度なサービス業。当然、毎回、対価は払いますが、物売りではないので、その対価は、私が決められないんですね。。。。

言い換えましょう


上手いすし食ったら、帰り道に、乞食に恵みたくならない?

ちょっと違うか(笑)


上手いそば食ったら、帰り道に、嫁にブラウスでも買ってあげたくならない?

ちょっと古いか(笑)


でも、そんなドウシヨウモナサ感をして、他の方に、その分をパスしている感覚です・・・・が、答えです。


嬉しくて、悔しくて、もどかしくて、さ。



サービス業は、

情報



情熱をパスする職業

さ!


当院で治療して、良くなるのが前提だけど、当院から帰ったあと、その方が誰かに何かをパスしてくれたら、

嬉しいな。


と、いい調子で書いたけど、


悪口が得意だから、

最後に悪態たれると、


流行の配信などで、

●●病についてとか、●●食事について・・・・・みたいな動画がくだらないのは、そのドウシヨウモナサ感がないからなんだよね。他人の情報をパクパク金魚みたいに話すだけで、何が楽しいのか意味不明、糞みたいな笑顔でさ・・・私の調査によると、テンポ持てないような・・もしくは移動テンポ?みたいなイカガワシイやつらの巣窟だね。


一流大学はいなさそう

当たり前か


(オレは2流ね。。。。しつこいか)



何かの治療をうけてさ、

何かが変わってさ

対価を支払ってさ

んん?

えええ?

(思ったより安いぞ・・・価値は高いが価格は安いぞ・・・・)


う~ん、嫁にブラウスでも買ってやろうか(くどい?)


って思うのが、


良いサービス業だよ


だって、

究極のサービス業・・・ロック、クラッシック、バレエ・・・・アーーーート

が、そうでしょう?

1_202106040032012_20210604003001

4_20210604002801

 


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年5月19日 (水)

更に、皆さん、本当にすみません

は~、

とうとう

come down・・・・・病に倒れてしまいました。


北森(♂)です。


連日の、ごめんなさいです。


眩暈がひどく、立てません。


ストレス大爆発です。



異常なほどの、仕事の過量に加え、

昨日も書きましたが、


毎日、3~4件・・・患者さんをお断りするのが相当精神的に厳しかったです。暴言を吐かれたこともあります・・・ううう、正論には、言い返えせない。



コロナで頑張っているドクターもそうなでしょうね~。


さて、

2013年に倒れたときは、


約1か月、俳人・・・いや廃人でした。

病院は、2人でやっていたので、患者さんに相当ご迷惑をおかけしました。


あの時と違うのは、お手つだいさんがいることですね。


あれから8年・・・気を付けていましたが、30~40%患者数が増えて、疲れもあったのでしょう



確か

吉田けんこうの、

徒然草の、


信用できる人の項目に、

病を持っている人


というのがありました。



自分は、非常に傲慢な人間だけど、努力ではどうしようもないことがあるというのを、

病はいつも教えてくれますね。


というわけで、


しばし醜態をさらしますが、お許し下さい


あ、


院長(♀)は、元気です。


(しかし、病気になってよいこともあります。それは、なかなか健康体ではできない、減量! 今 55kg目指して病継続中!!!!)

2021年5月18日 (火)

皆さん、本当にすみません

昨年来、当院では、

新患を受けていません。



2018年より新患数の急増(3倍になりました・・・)で、日々の診察数が40%も増加し、


ヘトヘトな上、



・手術が2ヵ月待ち、

・病院食・ワクチンの確保の困難(コロナでメーカー欠品がひどく、昨年実績分の入荷しか予定が立ちません)

・入院舎の確保の困難


で、てんてこまいです。



毎日、

4~5件

・・・・ワクチン・フィラリアの予防関係から、腎臓病・糖尿病の慢性疾患、手術のご相談など・・・・


こちらとしても辛いのですが、


全て、お断りさせて頂いてます。



このようなことになった原因は


① コロナ渦によるペットブーム

② 当院HPの情報発信量の多さ

だと思います。



①に関しては、

私には制御できません。

(獣医業界は、数少ない、コロナ渦の勝ち組だそうです・・・・・税金沢山取ってください。)



②に関しては、

私がHP上で行っていることは、臨床というよりも研究に近いので、飼い主の転院を進めるものでは、決して、ありません。私は、獣医学よりもはるかに先に行く医学を、どうにか獣医学に持ち込みたい一心で、仲間、後輩にむけて情報を発信しています。

飼い主向けに発信しているのは一部で、


ほとんど、

Pre臨床(臨床以前)のものです。


なので、おお・・すげーーがあっても、直接治療には関係なく、あくまで標準治療をしているにすぎません。少なくとも、私より年下の獣医師には、普通のことだと思います(逆言えば、年上の・・・まあいいか)




というわけで、新患を断っています。


とはいっても、じゃーどこいくべってことで、


良い病院を探すコツをお教えします


① 若い先生、新しい病院
(若さの活力は時に、経験を上回ります)


② テーマがある先生
(テーマをもつと、何かの形で、先端医療に触れられます)


③ 機械が充実している病院
(機械がなければ、わからないことが多いです)


④ ラインがある先生(●●大学の系列とか・・・、●●先生の系列とか)
(全科診療の獣医医療は、外部とのつながりは、必須です)


⑤ 英語が堪能な先生(論文が読める先生)
(今は、5分で世界の先端治療が検索できます)


です。


半年で、なんとか、新患の再開をしていきたいので、しばしお待ちを。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

2021年5月13日 (木)

偉大な一歩

これは


人類にとっては、

どうでもよい

一歩ですが、


私にとっては、

偉大な

一歩だよ~ん

 

犬の妊娠診断の3Dです。




 


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

2021年5月12日 (水)

消えたくならないんだろうか?

私は、ドラム歴35年以上。

でも、


ドラム上手いね~なんて言われると、嫌になる。

本当に嫌になる。


だって、


天才がいて、プロがいて、アマチュアがいて・・・・私なんて、ヒエラルキーの下の下の更に下・・・・上手いわけがないもの・・・それを、上手いなんて言われると、


なんだか、腹がたつ。


素人に

変なふうに誤解されるもの嫌だけど、


それ以上に


素人に

過度に理解されるもの嫌なものだよ。



さて、

科学があって、医学があって、獣医学があって、獣医学のヒエラルキーがある。



臨床獣医師なんて、

サイエンスの先端からいくと、下の下の下。



当院のHPには、なんたらシステムっていうのがあって、どっかのなんたらサイトで誉められると、HP上にリンクされて、掲載される。


そりゃさ、誉められると嬉しい・・・・一瞬・・・


けど、さ。

けど、さ。

けど、さ。


(上記文章に、戻ってくれ!)



エゴサーチすると分かるけど、

高度医療を目指す動物病院の評判は、案外、悪いことがある。


そりゃそうさ、

死亡率が高い疾患が、そこには、集まるからね。

戦いに負けることが多くなるからね。


対して、


適当な診察の動物病院の評判は、意外と良い。だって、飼い主がそこまで要求してないからね。上を目指していない獣医と、妙にフィットするんだよね。


まるで、


あきらめたブ男とブスの協奏曲!


(ブスの生き方は、林真理子先生の本や、清少納言の枕草子に、詳しいぞ、読んでみ! 女性って、同性の容姿に敏感だよね、笑う!・・・対して、ブ男の生き方を描いた本は・・・知らんぞ!・・・・ない?)



適当な病院から、しばしば転院がくる。


そこまで目指していなかった飼い主の中にも、なんか変だよな~って


気が付かれる方が、いる。


私、思うんだよね。


そういう先生ってさ、

あまりの評判の良さに、

はづかしさのあまり、

消えたくならないんだろうか?


駄目なことは、自分が一番わかっている、だろうに。



私ならば、死にたくなる、よ(ほめ殺しってやつね)。



私は、ど素人の評価が、自分自身の評価を、過度に上回ったら、


多分、この仕事、辞める・・


命を預かるには、


危険だからね。


(ちなみに、私達の地域の動物病院のレベルは、周辺地域と比べて、各科総じて平均以上で、高いと思う。腐ったみかんが少しあるだけ。)



・・・・女性の美醜うるさい林真理子先生も、男性のそれにはまだ優しいけど、清少納言は、ブスにもブ男にも手厳しい。でも多分、清少納言って、顔は中の下だったと思う。



2021年3月10日 (水)

大病院(Hospital)と医院(clinic)

は~、今日も数件、新患を断ってしまいました。

本当にすみません。


コロナ渦で、飼育頭数が激増、診察数が2.5割UPで、もうパンク状態。

お許しを・・・。


(手術も、4月後半まで予約がいっぱいっす)



さて、

動物病院を選ぶとき、大病院(Hospital)がいいか、医院(clinic)がいいか・・・・この時期、引越しされる飼い主さんに、よく聞かれます。


私の結論は、

医療機器が揃っている(いそうな)、医院!



医院は、獣医師が一人のところが多く、休診日があるのが心配ですよね。でも、そんな時こそ、休診日がない(ことが多い)大病院を受診すればいいだけ。大病院は、曜日によって獣医師がかわるから、そもそもかかりつけ医って感じじゃないしね。


では、なぜ、医院の方が良いか!・・・ですが。


獣医師が、

もっとも

精神的にこたえるのが、

飼い主(もしくはペット)のニーズに応えたくても応えられない時の精神的な負担・・・・・道徳的な観点からの(法的な観点からではなく)心の傷です。



それを引き起こす多くの原因は、

金!

飼い主が、相応の医療行為にかかる金銭を負担できない・・・・というときに発生しますね。


獣医療は、医療と違って、公的保険がないから、

高額!

(だってさ、当院はカードが使えないのですが、飼い主さんに、この半年で、銀行で現金を引き出したの、当院にくる時だけ!って言われました)


で、


私達のような医院は、

経営者が医療行為の実行者であることが多いので、もう一歩踏み込んでの医療行為を、無料でやることが実際多い


けど、



大病院では、医療行為の実行者が、経営者ではないので、いち診察を担当する獣医師に、そのようなことが不可能。


あれをしてあげたかった・・・・という思いが、

どれほど心の傷になるか。

だから、

大病院の先生は、すぐに辞めるでしょ(笑)



なので、医院がいいんですよね。

(医療行為は、そういう医師の精神的な負担を避けるために、公的保険が充実してます)



私が想像するに

獣医療の現場では、

医院では、

検査費の1~3割くらいは、無料で実施したり、プライスダウンしていると思いますよ。



命にかかわる行為って、

金持ちにも、貧乏人にも、

如何に平等に実施するか・・・・、そのさじ加減が、医者のさじ加減の重要な一つで、それを縛られていない獣医師に診察してもらうのが良いと思います。


(そのさじ加減も発揮できないような、ローテクな医院は論外ね)


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

2021年2月27日 (土)

キャピタリズムってそんなもの

2年前から、新患が、2.5倍になって、

その多くが、転院で、

そりゃそうだ、

仔犬・仔猫が、一挙に増えるわけが無い



転院の多くがローテク病院からの転院で、

治療のミスというよりは、

レベルの低い医療機器で『有り』を、『無い』って言ってたり、いやそもそも、医療機器がないので、もっと大きな疾患が隠れてますがな・・・・



医療機器は金で買うわけで、

同じ医療機器にもピンからキリまであるわけで、

私の好きな超音波(エコー)診断装置は、ピンとキリで10倍くらいの金額差があるからね。

見え方、そりゃ違うね。

(うちはピン)

でも、しょうがないさ、

それが資本主義下の医療だから。


そんな(えらそーな)当院にも、

CTはない、ぞ!

だから、脳神経系の疾患は、見逃し、誤診は結構ある(・・・・と、思う)



そのCTだって、

ピンとキリで、5倍くらいの金額差があるのさ。

見え方、そりゃ違うね。

笑うくらい前時代的な安いCT導入して宣伝してる動物病院、多いぞ!


でも、しょうがないさ、

それが資本主義下の医療だから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、身内が、ある疾患になって、

うちでピンの機械で検査したら、有り・・・・なんだけど、

病院・・・・(ヒトの)・・・・行ったら、無い(笑)


でも、しょうがないさ、

それが資本主義下の医療だから。


(命に関わらないから、まあ、ほっとけ~)



程度の低い医療機器でも、

それ相応の獣医師に売れたり、


ある一定以上の機器をそろえなくても、

普通の(動物)病院として開業できたり、


でも、しょうがないさ、

それが資本主義下の医療だから。



でもね、

私も20年前はローテクだった。


資本主義のよい点は、

どうしようも無いスタートでも、

スタート地点にさえ立てば、

それが好きならば

不断の努力で

なんとか、さまになること



ゴウヒロミと、いっしょね。

歌いつづけたら、いつのまにか、上手くなって、個性的になるんだよね。

彼も、昔は

・・・まあいいか(笑)


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

2021年2月24日 (水)

技術の進歩はすごいね

東京在住の犬に心電計をつけて、

Bluetooth、

ケータイ電波、

cloudを利用して


70km離れた、当院のある茂原市で、リアルタイムで、心電図をモニターすることに成功しました。



すごい世の中になりましたね。


元々人用で、

ストレスや過労による突然死を予防するために、開発された高度医療機器。


災害時の仮設住宅や、ハードワーカーに応用すれば、いいんだよね。



そのテクノロジーを犬に利用したわけね。


無料でやってまーーーす。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2020年12月14日 (月)

身代つぶず覚悟で

当院の自慢は、

世界一の心臓用エコーと、腹部用のエコーマシンがあることです。

(腕はともかく、機械はすごいんです!)


もちろん人用です。


で、当院の世界一のマシーンから、世界一の称号を奪い取るようなおっそろしいNEWマシンが、

最近、販売されたので、


デモをしました。


いや~すげーーーーー


これ、犬の心臓の中の弁のリアルタイム動画ですよ!!!!



これ、元々、イスラエルの技術。

ヒトの最初の道具が、

狩りをする為の武器だったように、


武器の発達は、ある意味、(科学)技術の進歩と同義。イスラエルは、戦争状態ですからね。さもありなん。レーザーメスなんて、モロ戦争兵器からの転用だかからね。



でも、戦争から生まれる科学技術を、

ヒトより先に犬猫を助けるために使えるなんて

(だって、まだ千葉県には存在しません)

なんたる


アンチテーゼ!

わははははは。


その昔、犬にCT検査を提案したら、犬にCTなんてバカかって、飼い主に言われました。


数年前に、自慢のエコーを購入したときに、犬猫にそんなエコー買って使う意味無いよ!!!って同業者に笑われました。

 

どちらも、1円ならやりますよね(買いますよね)って聴くと、

引きつってました。


価格と価値を混同する人生は、奴隷の人生です。



さて、

身代つぶしてでも・・・・・・・。


どうせ50年後はこの世からいませんからね。

 


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

より以前の記事一覧