無料ブログはココログ

北森ペット病院


医療情報

2020年3月27日 (金)

コロナ×14

ハッピー


さて、
コロナ騒動ですが、


私は、コロナ自体は怖くはないですが、


ちょっと、
新型インフルエンザの特そ法(これをコロナに拡大解釈して使いますね)には、驚きを通り越して、怖くなりました。



いやいや正確に言うと、法律自体ではなく、それを取り巻く、プレーヤーにですね。



この法律は、コロナどころじゃない、来るべき最強の強毒性の新型インフルエンザのパンデミックを予想して作られたもの!



そもそも、その超怖~い、インフルの対策に作った法律なのに、


いまさら、


・指定機関に、マスクや防御服の備蓄がないってどういうこと?

・ベット数が用意されていないってどいうこと?

・人工呼吸器が10倍以上足りないってどういうこと?




法律作って10年程度たってますよね~。



仏作って魂いれずですかね。



いや~、恐ろしいですね。



ドイツは、イタリア程度の感染数の爆発がありますが、死亡率は、イタリアの1/50くらいですね。


流石、ドイツ。


医療体制が、きっと、いいんですね。


というか


プレーヤーがマジなんですね。



このコロナのタイプのウイルスは、狂犬病やエボラウイルスと違って、かかるときはかかります。それは、感染経路が不明という意味です。かかるときはかかるウイルスですが、100%死ぬ狂犬病や、80%近い死亡率のエボラと違い、ほぼ助かります。


助かるのは、自分の力です。



自分の力で助からないときに、医療行為の出番・・・・そしてそのポテンシャルを十分に発揮させるには医療体制の充実が必須。



イタリアとドイツの差は、行為ではなくて、その体制の差ですね。





なにかトラブルが、世界的レベルで起こったとき、


トラブルの解決の程度の差を、グループ間で比較すると、


色々、見えてくるね~。

・・・・・・・・・・・

今回の騒動


医療制度の国力の差が、明らかになると思うよ~


がんばれ!日本!


・・・・・・・・・・

 

さて、


繰り返すけど、同業者諸君、


今は、騒動ゆえに、大物の機械は安いし、銀行は金かすし、もし少し暇になったのなら勉強時間取れるし、




さ、心の半分は、


コロナ収束明けのこと考えて、


がんばろう!


(今、PCRの勉強なんて、めっちゃ心に響くよ!)


 

Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2





2020年3月23日 (月)

コロナ×13パニックを利用しよう!

NIHがコロナのワクチンの臨床試験に入りましたね。


mRNA-1273

https://www.nih.gov/news-events/news-releases/nih-clinical-trial-investigational-vaccine-covid-19-begins



毎年国内でで数千人殺すインフルのワクチン、同じく、子宮頚がん(これもウイルスです)ワクチン、


皆、接種しましょうね!


特に子宮頚がんワクチンは、男性にも接種すれば、撲滅できるかもしれませんからね。


パニックを利用して、ワクチンの重要性を啓蒙しようね。





ブカンでのCOVID-19による死者の傾向が超高級ジャーナルLancetに掲載されました。


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32171076/


結論は危険因子として、

① 高血圧

② 糖尿病

③ 冠動脈性心疾患


の順番で、死亡率をあげます。


おいおい、老人の高血圧なんて、自然な現象で治療しなくていい・・・なんてほざいている一派・・・・どうすんのさ?ちなみに③は、タバコや高コレステロールが増悪因子。


パニック利用して、喫煙の更なる推奨、高血圧怖さを啓蒙しよう。


(ちなみに、大好きな馬鹿の壁の養老先生は、スモーカーで、高血圧無治療派、、、、死ぬかな?)





一週間も家に閉じも持っていると、我慢できないよね・・・・。


ふふ、閉じこもりに慣れてる諸君の出番だよ!


パニック利用して、完全引きこもりマニュアル売って儲けましょう!




国家戦略をになっている●●の株価が、1月と比べて約半分!


こりゃ、株やってたら、買いだよね。


パニック利用して、儲ける人、多いだろうね!



親に、コロナウイルスの心臓、めっちゃ小さいんだよ!


って言ったら、信じたな~


細菌って、植物から心臓ないんだよっていったら、


うそ~


だって!!!!


おいおい、皆、戦っている相手、知ってる?


ウイルスを中心に、生物学的な生存の意味を考えると、面白いよ~。


パニックの時こそ、勉強しようね~。



でね、


お笑いのアホ共さ、なんでお前さんたちが、真面目くさって世相を切るわけ?

まじめくさってさ・・・・・


パニックの、こんな時こそ、緊張をほぐしてよ!


(やっぱ、ビートタケシは偉大だったね)



 

Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2







2020年3月21日 (土)

コロナ×12 だいぶみきったね

ハッピー!!!!


コロナの12弾。


だいぶ、みきったね。はやり、年単位で世界にまん延して終わりだと思うね。


一定数の、犠牲者を出してね。


スペイン風邪、モスクワ風邪、香港風邪よりは、死者少ないしね。


安心だね。



政府としては、患者ゼロよりも、一気に高齢者の患者が増えて、入院ベッドがなくなることが怖いから、各国の対応は正解だね。


そりゃ、政府は人心をコントロールしなきゃ、治安が乱れるからね。




今回、見えてきたことは、


・嫌中、嫌韓の人がなんと言おうとも、彼らなくして我が国の経済がまわらない事


・タバコの会社にどこもかしこも遠慮してること(死亡者の結構な割合は喫煙者だよ)


・人々は、自分で作りだしたもの(車、銃、ストレス、いじめ・・・)より、自然現象で死ぬ方が怖い事

 

だね。

この騒動を利用して、政府にやって欲しいのは、


・ワクチンの重要性の啓蒙

・特に、毎年数千~万人殺している子宮頚がんの予防ワクチンの普及(男にも)

・インフルエンザ検査キットのコンビニ販売

・医学教育の普及

 

 

だね。

ところで、


スペイン風邪は第一次世界大戦を終わらせたけど、

COVID-19って、香港の暴動、終わらせた???????

Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

2020年3月13日 (金)

コロナ×12 過去のできごと

黒死病、天然痘、、ハンセン病、 スペイン風邪、アジア風邪、香港風邪・・・・・



人類は、

階級闘争の歴史に加え、感染症との闘いの歴史ですけんね~。



● スペイン風邪

発生:1918年

感染者:5億人

世界:死者4000万人(世界人口20億人)

日本:死者39万人(日本人口5500万人)


● アジア風邪

発生:1957年

世界:死者200万人

日本:死者5000人



● 香港風邪

発生:1968年

世界:死者100万人

日本:死者1000人



どうよ!

 

Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube

2020年3月12日 (木)

コロナ×11 コロナの薬なんて期待しても無駄だよ

毎日、話題を提供してくれるコロナ。

あろうことか、私の親までビビッてる! 

しょうがないか、90歳だもんね~。



親が言うには、

『そりゃ、薬がないから、こわいよ~』


だってさ!


一般人ってそうなんだね~。

 

というわけで、

タイトルの・・・・・・コロナの薬なんて期待しても無駄だよ・・・・です。



皆さん、インフルエンザに薬があるのって知ってますね。

そう!

例えば、有名なのは、タミフル!


でもね、知ってます?

 

毎年、国内ではインフルエンザで、5000人くらい死んでます。


ええ、薬があるのにね~



じゃあ、なんでタミフルが、薬として、承認されてるかですが、

インフルエンザは、

通常、薬を飲まなくても90時間でなおりますが、タミフルを飲むと70時間でなおるからです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これがデータ

111111_20200312015501 



当院HPのLINK
https://www.kitamori-ac.com/link



+ 獣医療情報の


https://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html



タミフルと検索すると出てきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ええ、そうの程度でーーーーーす!



さて、

インフルエンザの薬ってこの程度です。そして、結局5000人くらい、死んでます。



なにが言いたいのかというと、



インフルや、コロナのような、通常であれば勝手になおるウイルス疾患って、

そもそも自己免疫力が治療の主体で、薬で治すという考え方自体が変なんです。



戦略的には、


インフルやコロナのような、勝手になおる感染症が、それでも悪化した場合に・・・・例えば致死性のウイルス性肺炎になった場合に、それに対して、致死率を下げる薬の開発ということになりますが、



それは、老化や基礎疾患で、自己免疫力が下がって発症した致死性の肺炎を治す薬の開発なわけで、



結局は、生物が寿命で死ぬ理由って、免疫力が下がることも要因の一つでもあるので、


勝手になおる感染症の薬の開発は、ひとが永遠に死なないような薬の開発と、ある意味同義なんですね。



というわけで、タイトルになります。


ああ、でもね、


コロナやインフルに限定しない、勝手になおる感染症が悪化した場合にとれる治療は、多々あるわけで(点滴や、呼吸回路や・・・・)、


薬がないからビビルというのが、おかしいんですね~。


それをいうなら、薬があるインフルだって、その程度の効果で、5000人死んでるんですよ~。



インフルにビビらずに、コロナにビビル親に、

『インフルのワクチンも打たないくせに、コロナにビビルの阿呆!』

って、言っておきました(笑)


HA HA HA HA


ちなみに、世界のインフルエンザの薬の60%くらいは、日本で消費されています。海外は、医療費が高いので、勝手になおる病気の薬なんて飲みません。米国にいたっては、検査キットも一般的ではないです。

 

Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube

2020年3月10日 (火)

コロナ×10 DP号の失敗・・・・でも教訓・・・・そして

世界は本当に狭くなったね。

特に科学には国境なんてないし、ITでつながってるから、情報が瞬時に世界を駆け巡る。



科学情報の拡散は、ウイルスの拡散スピードより速いぞ!



でね、

なんと、もう、

今回の政府のとったDP号におけるCOVID-19の対策は、やはり失敗だったと、なんと、スウェーデンから論文発表されました。



そして、
それを、千葉の田舎の獣医師ごときが読める・・・・・という、この素晴らしさ!



どうやら、密閉空間が、ブカンの4倍も、感染率(正確にいうと基本再生産数) を高めてたみたいですね。


早期に下船させていてたら、おそらくね・・・・・・・。


論文
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32109273



しかし、失敗なんて気にしてもしょうがないからね。


失敗するのが専門家だからね。


だって門外漢はTRYしないから、失敗もない。



事後の検証だけが、私たちを賢くしてくれる。



そして、

政府の政策を、他国の人間が検証して、その結果を、一介の国民が見れるという、この素晴らしさ!



1600年代に国民国家が成立して以来、

誰も、こんな状況想像してなかったんじゃないかね? 



でね、科学の情報の拡散スピードが、ウイルスのそれより速いのならば、


勝つじゃん!科学が!


待て、そして、希望しよう!



なんて素晴らしい世紀に生きているんだろうか!!!!


HA HA HA HA

Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube

2020年2月 5日 (水)

どうやら大丈夫そうですね

新型コロナ、


どうやら、大丈夫そうですね。


ブカン以外では、死亡者がホボいないこと


子供の感染、死亡がないこと


ブカン以外での発症者の数が、日々減っていること


多くが軽症で、感染しても発症しない人が多いこと


死亡者の多くが、腎臓病、心臓病、糖尿病もち



(結局、ブカンの一部の生活状況や医療状況が悪いということですね)



コロナは、もともと風邪の原因ウイルスですが、まあ今回は、新型の風邪ってことですね。



毎年国内では、インフルエンザで1万人の方が死亡します。推計1000万人が感染します。秋から冬季に流行するということは、毎日10万人が感染して、毎日100人死亡する計算です。薬があるのにね・・・・。



少なくとも、新型コロナは、インフルエンザ以下でしょう怖さわね!




ただ問題は


栄養状態が悪く、医療の発達していないアフリカや後進国への蔓延





あおりすぎで、なくなったマスク・・・・どうするの? 花粉症の人!




ソクラテスの昔から、人々は無知で、でも賢人は大多数の無知の人間が作り出す雰囲気に、したがわざるを得ないわけですね。



数千年たってもね・・・・・・。



ハンセン氏病、放射能のデマ・・・・・変わらんね、わがJAP!




哲学者で、研究者で、臨床医で、神戸大学感染症講座教授の我らがイワケンの情報です!

 






Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube

2020年1月31日 (金)

イワケン、登場!

私の大好きな、


哲学者(本人は否定するだろうけど)で、


研究者で、


臨床医で、


そして、


神戸大学医学部感染症講座教授のイワケンこと岩田健太郎先生が、youtubeに登場されました。



新型コロナに関するデマがおおいから、それを、何とかしようという心意気ですね。


お忙しいのにね。


でも、うれしい!


声が聞けた!
(何せ、本、全部持ってますから、ね)


TVに出てくる、暇な、なんちゃって医師や、患者に対峙したこともない研究者や、官僚と違って、



これが本物のプロの顔ですね。





岩田塾

https://www.youtube.com/channel/UCvlYFwDGRYFZapeYDm3lNfw

 

 



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube

2020年1月28日 (火)

正しく警戒しましょう!新型コロナ

新型肺炎について。


日本人は、特有の清潔思想ゆえか、すぐに感染症にはパニック状態になります。


例えば、インフルエンザの薬は、ほっとけば90時間でなおるものを、たかだか70時間に短縮する効果しかないのに、すぐに処方される。インフルエンザの薬の消費量のうち、日本は世界の6割!を占めています。驚くべき、過剰医療ですね。逆に耐性ウイルスの出現が怖いです。



さて、日本には、


感染症関係では、臨床医であり、研究者であり、思想家でもある、神戸大学医学部感染症講座教授・岩田健太郎先生(通称イワケン)というかたがいらして、



さまざまなチャネルで、情報を発信されています。



1月28日時点(データは26日までのもの)のイワケンの情報を載せます。


① ウイルスは、コウモリ由来の可能性

② ヒトからヒトへ感染する(中国でのみ確認)

③ 重症患者の死亡率は15%(男性73%、小児の死亡無し、32%に糖尿病、高血圧、心疾患あり)

④ 入院患者の死亡率14%

⑤ 全体の死亡率3%

⑥ 推計では、95%の確率で、患者数は3000~9000人に達する

⑦ 症状は、筋肉痛、咳、痰、頭痛、呼吸困難

 

です。
 

特に基礎疾患のある方が、外出を控えて、睡眠、栄養を十分とれば、まあ、今のところ怖くなないですね。






2020年1月24日 (金)

WHO緊急事態宣言回避

新型コロナウイルス関連肺炎(2019-nCoV)



WHOが、新型肺炎の緊急事態宣言を回避しましたね。

 

10日後に再判断するそうです。



現状

・中国以外では、人から人への感染は確認されていない

・死亡率 4%

・死亡者の年齢(1月23日時点)
80代8人、70代2人、60代5人、50代1人、40代1人

・重症例25%


WHO 新型肺炎最新
https://www.who.int/news-room/detail/23-01-2020-statement-on-the-meeting-of-the-international-health-regulations-(2005)-emergency-committee-regarding-the-outbreak-of-novel-coronavirus-(2019-ncov)


より以前の記事一覧