無料ブログはココログ

北森ペット病院


獣医療・インフォームドコンセント

2021年9月 4日 (土)

Poor kitamori speaking

Poor kitamori  speaking


(ヨレヨレの北森ですだ)


当院は、昨年9月から、新患は、受けていません。


ちょうど1年かぁ~・・・は~。



毎日、電話や、受付で直接、

平均1~2人の新患を断っています。


本当に心苦しいのですが、駐車場はないし、獣医師の体調が安定しない上に、手術も2ヶ月待ちです。


お許しください。


本来は、

完全予約制にして、

枠をとって、新患も受けたいのですが、


ITを使えないご年配の方も3割程度いらっしゃるため、どうにも、こうにも、手詰まりです。


1年たって、

状況が改善するかな~とも思ったのですが、


ますます状況は、ひどくなるばかり。


(コロナで、ペット飼育率も上がっているから?)



こういう場合の、常套手段は、単価を上げて顧客を減らす・・・・なのですが、なんかね・・・・ハイブランドじゃあるまいし、ね


(あ、グッチ好きだけど)。



実は、


今、当院と同じように、

患者の激増で、

新患をとらない・・・とれない・・・病院が増えています。


それもこれも、2割の病院しか設備投資しないからですね。病院のパワーの源泉は、コミュニケーション能力、医療機器、獣医の脳みそですが、全科診療の獣医医療では、


医療機器の差は、他のものでは、なかなかカバーできません。


2割の病院に集中するわけです。


2割の病院は、そういうわけで、

検査も高度で複雑なことが多く、1件の診察に、時間がかかります。


で、悪循環・・・・



というわけで、


お断りして、電話やネットで暴言を吐く方、


まったく解決の見込みはありませんが、


お許し下さい。

(でもさ、院長♀はともかく、私は、息子に変人って言われるくらいかなりエキセントリックな人間だから・・・・自分でわかってるし・・・よく顧客がついてきてくれるよね、感謝しかないね。わははは。)


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 



2021年8月17日 (火)

動物病院探し

当院は、特異な検査をしているせいか、県外、地区外の患者さんが多い。

当院がかかりつけではない彼らに、

良~くされる質問が、


動物病院の探し方!



何回か書いたけど、再度書きますね。


全部そろっていなくてもいいけど、基本中の基本を書きますね。



① 先生を選ぶには

● 英語の論文がしっかり読める先生

1950年代は、医療情報が倍になるのに50年かかりましたが、今は72時間です。そしてその情報の99%は英語で書かれています。あたりまえですよね。



② 大きな病院を選ぶ場合は

● CTとMRIを持っている病院

一番駄目なのが、CTだけをもっていて、それを宣伝に使う病院。獣医あるあるだけど、ほんと、最低っす。私達一般獣医師は、例えばダックスの神経症状など、ワンストップで紹介するわけね。CTだけあってもMRIがなけりゃ、片手落ちっす。CTだけもってMRIが無い病院は、大きな病院だ~と思って、下手に信頼すると、誤診の可能性が高くなりますね。ほんと、困る。




③ 小さなクリニックを選ぶ場合は

● 大学や高度医療機関とつながりが深い病院

全科診療って、大変なんですよ。腫瘍、循環器、皮膚科、眼科・・・・この辺りは、大学や高度医療機関や専門医とのつながりがあるかどうかで、標準医療が提供できるかどうかが決まります。
 


④ スタッフ

● 話を良く聞いてくれるスタッフ

当たり前ですが、飼い主から、如何に沢山、状況や状態を聞きだすか・・・・が肝。グレートコミュニケーターが獣医療では、とても重要。



⑤ 研究熱心な雰囲気の病院

● 犬種、猫種、エキゾ、疾患動物を実際に飼っている

熱心な先生は、自分の研究分野のペットを絶対に飼ってます。当たり前ですよね。一般医でも、広く浅くのクラッシックなジェネラリストではなくて、先端テクノロジーを理解するという意味でも、何か得意な分野がある一般医が、素敵です。



⑥ 進歩し続けている病院

● 医療機器の充実

獣医療では、20%の病院しか、設備投資を継続的にしていません。数年通えば、わかるでしょう?

 

⑦ 偉大な先生とは

(獣医学が)初めて出会った疾患に、(自分の)名前が付けられる先生は偉大な臨床家です・・・・・先生と対峙してみて、なんとなく、感じませんか?この先生は・・・・って(笑)


⑧ youtuber(笑)

●分かりやすい話をする先生は駄目ですね

分かりやすい話は、みんな同じパターンで誤解するから駄目なんですよね。複雑な話は、皆の誤解も複雑になるから、コミュニケーションが深化します。大体さ、命にかかわるのに、簡単な話で済むと思ってること自体が駄目だよね。世界は複雑なのさ。簡単にわかってたまるか。死ぬんだよ、病気でさ!


分かりやすい病気の話ってさ、医療においては、ジョークだよ。伝えたいがために、平易な言葉を選択することはあっても、そこには、何か戸惑いがないと、そいつは嘘つきだね。責任の無い、コンサルみたいな獣医に多いパターンね。




これは、

私が、

私自身の主治医を選ぶときの基本でもありますね。


あくまでこれ

基本だからね。

基本!

つまり、これ以外は論外って話。




2021年8月14日 (土)

猫のコロナを新薬で治した件

COVID19の特効薬は、レムデシビルと、ステロイドだけど、


某国で製造されている、レムデシビル(の類似薬)で、猫のコロナを治しました。

100万かかりましたけど!


この薬、

レムデジビルのギリアドS社から特許抵触で訴えられていますが、

私には、飼い主には、関係ない。

そこで

COVIDだけど、



不思議なのは、

国家的危機って言ってるわりには、


誰も特許無視して、

作り方がわかっている、特効薬を、作らないことね。



ポン中でも、組織で覚せい剤作るのにね~。


危機なんだから、資本のルールなんて無視すればいいのに、現代人って生存本能がくづれてるね~。



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年7月29日 (木)

バカヤローと、ありがとう

『ウサギの飼い主の●●だけど・・・・』

『電話に出ろよ、バカヤロー』

『電話に出れないなら、ペット病院やめた方がいいよ』

『バカヤロー』


ウサギの飼い主って、これだから、さ



急変した症例の大変な処置をしている

夜の8時ごろ・・・


横の留守電から、

これだもん・・・・


しかも、最終診察日が3年くらい前の?飼い主のだからさ・・・


獣医、あるあるだけど、


ウサギの飼い主って、

いい意味でも悪い意味でもとても繊細で、それが時に逆立ちしてエキセントリックになる(ように見える)


だから多くの獣医師はウサギの診察、

しないんだよね~。


実はね。


・・・・・・・・・・


昔、若い頃、24時間診療やってたときさ、

緊急の手術を夜の10時ごろやっていて、

電話が鳴って

(当然、出られないからさ)

すると、

留守電から、


『お前24時間うたってんだろ~、電話に出ろよ殺すぞ!』

ってさ・・・・

(その頃は、ナンバーディスプレイがなくて、警察に通報しなかった)



それで、24時間をやめたんだよね・・。

殺されるの嫌だからね



今日のも、かなりひどかったから、録音を子供に、如何に人間って追い詰められるとおかしいかってサンプルとして聴かせましたが、子供もすご~く衝撃を受けてましたね。


尊敬する?親が、ここでは書けないような暴言はかれてるのって、なかなか聞けないからね。



まったく、

泣きながら微笑みたくなるね。

・・・・・・・・・・・・

22時・・・・・2時間続いた処置・・・・でも・・・


でも

飼い主さんからの一言が、


むたいな飼い主の暴言をほんの一瞬忘れさせてくれます。



というわけで、


めっちゃ忙しく、良い機会なので、ウサギの新患は完全にやめようと思いま~す。


若くてタフな獣医師、頑張ってや~



明日は、子供の病院だから、明日も電話出れんぞ!



Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2





2021年7月11日 (日)

私、本気なんで(当院のdonationとVolunteer)

今日は、

当院のdonationとVolunteerについて

Kifu

当院は、毎年、大学・研究機関に100万以上寄付しています。これが自身の活動性の源です。また、治療困難な症例を、数頭里親で家族にしています(現在は、心臓病の犬3頭と、慢性貧血の猫2頭)


一般的な獣医のよくやるdonationとVolunteerは、

他人から集めた小金の寄付と、

ローテクの去勢避妊です。


小金の寄付の方は、どうでもいいですが、


最近米国のレポートを読んでいたら、

獣医がやる低価格の去勢避妊運動では、まったく不幸な犬猫はの総数は減らないそうです(日本は知らないけど)。それはともかく、私が許せないのは、国内でそれをやる獣医の、手術レベルの低さです。また、結局データを取らないから、実態として、米国の様に、バースコントロールはできていないのではと、勘ぐります。


里親団体の話を聞くと、

病気の子は、(当然)、里親になれないことが多く、とても不幸だそうです。獣医の専門性を発揮して、1頭でもそのような子を里親として家族にすればいいと思いますが・・・・。私の経験では、名だたる専門家は、自身の専門分野の疾患の子を、家族にして、大切に見守りながら、今後の獣医療の発展の為に、データをとっています。


donationとVolunteerというのは、


行為者自身の承認欲求が満たされ、それが更に自身の能力UPにつながることにおいてのみ、

美しいと思います。


多くの獣医がしているのは、

結局、

ちゃちなdonationとVolunteerでの、

自身のさらなるレベルの低下です。

あああ、なさけない。


(まじめな獣医の選び方の一つをここに書いたつもりです)



この星に生まれてきたのは、

乗り換える列車を待つため

時が来て

重い腰をあげれば

それぞれの旅が始まる

ここはプラネットホーム

光のエクスプレスがラインを引く

(By Nikey)



獣医療は、体系学です。その体系のなかで、自身の中央線をまっすぐ保つには、donationとVolunteerにも人生かけなきゃね。


あ、ちなみにさ、

私、めっちゃ功利主義者で、損はしたくないタイプ。

だから、寄付金って、

実施した分以上に、必ず帰ってくると、信じてます。


わらしべ長者の話あるじゃん。

あれは、とても示唆的な話で、


あれ、一部では、くだらないものから、最後に家を買えた・・・という話だと思われるけど、

違うんだよね。


交換できないもの、パスできないものを手に入れたら、

終わったって話ね。


昔話って、本当に大切だよ~

 

わはははは

2021年6月 5日 (土)

お礼と、、、、、

繰り返しますが

体調不良と、

手術の予約が2ヶ月埋まっており


新患をお断りして、います。


内容がある程度分かれば、かつ、メールであれば、出来る限り、他院の選び方かつ紹介(直接じゃなくて、ここいいよ~みたいなね)など、、、、モロモロを、お伝えしているつもりです。

(電話はやめてね)


毎日2~4件、お断りしているので、月にすると・・・・。


・・・・・・・


殺すのか・・・・殺すじゃないよ・・・殺すのか・・・だよ~


死んだらお前のせいだ!!!


暴言、脅迫、意味のわからない書き込み等には、現在順次対応中ですが、


中には

色々教えてくれて感謝しますというメールや電話もあって、


ほっとします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


はっきり書くと、分からない場合は


① 検査機械が充実している(毎年少しずつ増えている)

② 先生が若い(45歳以下・・・あ、俺は以上だよ・・・笑)

③ 明るい雰囲気

④ 院長とスタッフの関係性が良い

⑤ 数人のAHTが、5年以上長くいる

⑥ 得意な分野がある

⑦ 英語が読める(今は、即効で先端医療が英語でわかる)

⑧ CTとMRIがある(CTだけじゃ、駄目ね)

⑨ 論文を書いている

⑩ 手術数が多い

⑪ 紹介先が豊富

⑫ 意外と、ネットの評価が低い
・・・・本当だよ、難しい症例ばかりがくるから、ね、低いことが結構ある。4以上は、信用できないよ。ちなみに当院も4以上だけど(笑)。ちなみに私をいつも助けてくれる病院は、ええええと、3.5か~。。。。うちより低い、信じられん。で、なんもできないローテク病院が4.●・・・・は~。


悪貨は良貨を駆逐するだね。

まあ、悪貨に通ってる人も、エートスが同じならば、ロゴスに見えるんだよね。


知ってる?

未開の地の民族は、キツツキのクチバシ舐めると、歯痛が治るんだよね。


どんな物語を信じるか・・・・

だね。


順不同




Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 



2021年5月31日 (月)

未来から過去を見ること・・・かな

何かに本気になるためには、

何かに偶然に出たったという条件が必要である・・・


と、心の師匠・U先生が新刊で書かれていました


その条件を、

私をして、

未来完了型的に、物語にできたときに(できていたときに)、その何かを(いつのまにか)本気で好きになっている

のだと思います。



音楽も、仕事も、本も・・・・恋愛も(笑)


キャリアパスのドアにはノブはない・・・・


やはり心の師匠・U先生談ですが、


まさに、

気が付いたら、取り付かれるように・・・導かれるように・・・・一本の線で繋がっているんですよね。


ええ、

今の私の仕事!!!!!

キャハ


私の記憶の中の

最初の犬は、

通学路の農家の広いお庭の(柵のない状態で放し飼いだった)フォーンのボクサー


私の記憶の中の

2番目の犬は、

野球をしていたグラウンドに通う道すがらのおりの中のドーベルマン



今、

ボクサー(82頭)



ドーベル(62頭)


の心臓病症例とゲノムのサンプル数では、国内一のデータ数をもっているくらい・・・・・・・本気(いやアジア1かもね)



心臓病検査では、心電図とエコーとが重要ですが


心電図は、大学の研究室で私が見つけたテーマ・・・当時の『医学のあゆみ』の一文が、動機になりました・・・・からずっとです。エコーはね、前の出入りの医療機械販売屋さんが、『知り合いの医者が、1000万ポケットマネーでエコー買った・・・・すごいよね(医者は)』の一言からです。


・・・・・・・・・

私はね、

今、99%の居酒屋さんに対して良い感情をもっていません。


それは、

まだそんな所に(食事がてら)通っていたころ、


『おいしいですね、仕込み大変でしょう?』

って言ったら、

ほとんどの人が、

『あのさ、あんたらみたいに好きでやってないから・・・くいモンヤってそうだよ』

って言われたことのトラウマ

ゆえ(笑)


あの時、

その事を、

尊敬するお寿司屋さんの大将に話したら、

『そりゃそうだよ、修行をしてないってそういうことなんだよね』

って言われました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1%の居酒屋さん、がんばってください。


ちなみに

今日(このコロナ渦で)、私が行った食事どころは、夜、満杯(もちろん座席数40%程度カット)でした。


皆、レジ、がんばって!ここは大丈夫!!!!って言ってました!


1%の方だと思います。


多分、彼らには、何かの偶然が、彼らをして1%にしたのだと思います。



こんな話

私も、初老だね。

はぁぁああぁ

 


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

2021年5月28日 (金)

オカルト医療

天動説から地動説にパラダイムシフトしたとき、

天動説の人々が、

地動説の人々に、

説得されたわけじゃないんだよね。


天動説の人間が死んでいって、地動説の人が増えて、大勢になっただけなんだよね。


つまりは、

科学は意外と、説得性の問題じゃなくて、功利性の問題なんだよね。



現在のいわゆる西欧医学の歴史は、


たかだか数百年・・・・・


西欧医学の源になった、いわゆる薬・・・・の誕生が、1897年のアスピリンだからね。


巷には、


天動説の

寿命の短い国の医学・・東洋医学をはじめ、オカルト療法が眼に余るけど、もうしょうがないんだよね・・・。


死んでくれなきゃ、さ。


いまだに、

ワクチンを忌避する人々とかいるけど、ね。


私の見るところ

ワクチンが嫌いで、電磁波が嫌いで・・・・ってなると、一丁上がりだね。


あ、ペット関連でいれば、そこに、フィラリア薬嫌いで、なぜかドイツのアホ療法が好きで、ってなると、回復不能。



ワクチンの中にあるチメロサールは、確かに水銀関連物質だけど、体外排出がある。よっぽどマグロの中の水銀のほうが怖いんだよ。



電磁波も、鉄塔周囲とか、IHは、気にするべきだけど、人類誕生以来・・・いや有史以来・・・・いやいや宇宙誕生以来、電磁波が無い世界は無いからね・・・太陽は電磁波ばっか出してるしね。


つまり、電磁波が無い世界のほうが、怖いわけね。

あははは。


まあ、

西欧医学が誕生して、たかだか150年くらいだからさ、

天動説の方、はやく、いなくなってね。


ちなみに、

私の分析によれば、


オカルト療法が好きな


男性は、

3流の大卒が多い(私は2流ね・・・笑)・・・意識してるかどうかわからないけど、知的に劣化してるという怨念が、彼をそういうところに向かわせるんだよね。


女性は、
少しインテリで、私しかこの情報にアクセスしてない・・・どうしよう、皆に知らせなきゃっ~て、がんばるタイプが多い。意外と花がある方々。


面白のは、


その男性と女性が出会った時ね・・・


我々は、めっちゃ意識高い系って、ペットカルト集団になる。


アアアアメン

 


Bnr1

Photo_20200129094701

Youtube12

Youtube2

 

 

2021年5月22日 (土)

みんな、がんばりましょう!!!!

昨日、私の持病の体調悪化で、診察ができない旨を


アナウンスしましたが、


なんと、


5人の方が、私も同じ病気で・・・・と


(たった2日で・・・・同病者5人と出会うなんて)



ストレス社会なんですね・・。


私はともかく、


その方々、


日々の診察で接していても、理知的で、気配りのできる方ばかりです。


(こんな方に迎えられたペットは、きっと幸せだよね~)



私はともかく(笑)・・・・、


そういう方は、感性の感度が高いので、ストレスに出会いやすいんでしょうね(脳が、色々、認識しちゃうんですよね)・・・


私はともかく(しつこいね)・・・・この人に、相談したら、なんとかしてくれそうな方ばかりなんだよね・・・。




今の世の中は、

奴隷が、貴族に、趣味で陰から唾を吐きかる社会(SNSにおける社会的成功者に対する暴言の数々)。



貴族的な方々の宿命です。



現代は、


考える貴族にとっては喜劇



感じる貴族にとっては悲劇


なんですね。

(あなたは、どっち派?)



まあ、


私は、


毒蛇は急がず・・・・・・・ですから、


少し仕事のペースを落として、


また、がんばりま~す。



ちなみに、


貴族に唾をはく奴隷達の行為ですが、これは異常な行為ではありません。赤ちゃんは、怒り(不快感)を泣き声で表現して、母親をコントロールします。私達は、生まれたときから、怒りで人をコントロールしようとするように構造的に仕込まれています。


他人をいい意味でコントロールする方法を、それ以外で身につけられないと、奴隷のような行為になっちゃうんですよね。


なので、

奴隷は異常者ではなく、赤ちゃんですね(笑)。可愛くないけどね。



わはははは。


私、可愛くても赤ちゃん大嫌い!

2021年5月 9日 (日)

理性の誤謬

理性って、時々、お荷物。

Aをして、Bがおきると、BはAのせいだと、単純に、理性はささやくからね。


以前、


怖い人が連れてきた、怖い犬。

狂犬病だけでも、打て(よ、こら)!


って言われて、


その超怖い牙を剥いたガウガウの犬に近づこうとしたら、

失神して、そのまま死亡した。


(多分フィアリアで・・・)


数秒ずれていたら・・・・・つまり、ワクチン打ったあとならば、きっとワクチンのせいにされただろう。それどころか、量を、間違えた?なんてからまれたかもしれない。



数日前も、

フィラリアの薬を飲んで、調子が悪くなった・・・との来院。


精査すると、とんでもない状況が腹腔内で起こっており、飼い主のフィラリア薬の副作用と関連付けての理性的な来院は間違いで、危うく、誤診するところだった。


は~。

他人の理性を信じてはいけないね。



子宮頸がんのワクチン・・・


せっかく、国内の子宮頸がんを、ワクチンで一掃できたのに、


ある家族の理性的な態度が、政府のワクチン接種運動を木っ端微塵にした。



ある家族の理性的な態度が、助けられる数万の女性の命を、危険にさらしたわけね。


理性って、怖いね。



より以前の記事一覧